プロから見た保険会社の分析・評価Professional Analysis

エクセルエイド「糖尿病保険」の評価・口コミを保険プロが分析

保険会社出身で保険開発業務を経験してきた保険プロが、気になる保険会社の評価や口コミを分析します。

今回は糖尿病の持病がある人向けに医療保険・死亡保険を販売しているエクセルエイド少額短期保険会社の糖尿病保険についてです。

知名度や実績も少しずつ上がっているエクセルエイド社のメリットデメリットも解説します。

そもそもエクセルエイドってどんな保険会社なの?

エクセルエイドは、2006年に設立された新興の保険会社です。

「少額短期保険会社」という、金融庁が定めた新しいルールに基づいて作られた保険会社です。
少額短期保険会社といっても金融庁が求める経営基準は保険会社とほぼ同等で、金融機関が受ける定期的な金融庁監査も同様に受ける義務があります。

エクセルエイド社がメインとして開発・販売しているのが「糖尿病保険」です。

会社設立のときから糖尿病有病者の方に寄り添いながら、糖尿病の方も加入できる保険を開発してきました。
当時は糖尿病の方が入れる保険はほとんどありませんでしたので、「糖尿病保険という新しい分野の開拓してきた保険会社」といえます。
(ちなみに糖尿病の方専用の保険を発売しているのは現在もわずか2~3社のみです)

糖尿病の方向けに様々なキャンペーンも。

糖尿病の方向けに様々なキャンペーンを実施しています。
例えば2021年には『糖尿病エッセイキャンペーン』や『鹿児島黒毛和牛プレゼントキャンペーン』を行っています。

エクセルエイドの糖尿病エッセイ

入選者には数万円の当選賞金や賞品がプレゼントされるので、もし入選すれば支払った保険料以上のお金がもらえることもあります(もちろんそれを目的として保険加入するのもおかしい話ですが)。

2019年に創業者が経営陣に戻ってきてからは、糖尿病有病者に向き合う姿勢がさらに強まっているように感じます
国際糖尿病支援基金や小児糖尿病基金、様々な糖尿病患者団体への寄付活動も継続的に実施しています

エクセルエイドの公式HPはこちら

決算資料から見る契約者数の伸びと財務状況

エクセルエイド社が公表している決算資料を見ると、保険契約者数が着実に伸びていることが分かります。

決算資料から見る契約者数の伸びと財務状況のグラフ

保険金支払い余力を示すソルベンシーマージン比率は2021年時点で1,737%であり、金融庁が定めている200%を大きく超えていて、十分な財務状況となので急に倒産するという事態は今のところ心配なさそうです。

糖尿病保険の加入者の口コミ

エクセルエイドの糖尿病保険に加入している方の声を聞くと、総じて評判は良いと感じています。

神奈川県 男性 渋谷様
私の娘がその病にかかっていると判明したのは6歳の時です。
希望を持って小学校に入学した直後でした。まだ何も保険に加入していませんでした。
もう加入は無理かと悩んでいたところ、ある時主治医から紹介されたのが「エクセルエイド糖尿病有病者向け医療保険」でした

すぐに加入し、以来12年間継続しています。主人が「父として娘にしてやれる、数少ないプレゼント」と言いますので、娘の結婚後も主人が契約者のまま加入しています。

娘の人生はまだまだ続きます。医学の進歩で1型糖尿病が完治するその日まで、健康に過ごせるよう願ってやみません。

埼玉県 男性 岩波様
家族の迷惑は最小限に留めたい。だからいざという時の備え(特に経済面)は何としてもないがしろにしたくないという思いは切実です。

備えのための保障には保険が有効であることは論をまちません。糖尿病保険があるのは願ったりかなったりです。ですからこうした備えに守られて闘病生活を送れるのは、心強い限りです。

8歳の息子(1型糖尿病)を持つ母親
糖尿病を発症して1年経ちます。こどもには医療費助成があるから、医療保険は必要ないかもしれないと考えていたのですが、実際はこどもが入院して療養費の出費が多く、加入していて良かったと思いました
9歳の娘(1型糖尿病)を持つ30代母親
今契約している保険は娘が18歳になると満了します。今、娘はインスリンポンプを着けているし、保険は無理かなと思っていましたが、1型糖尿病で9歳でも入れると聞き、思春期の身体が変化するときより、比較的に安定している今の時期がいいのかなと思い加入しました。
22歳女性(1型糖尿病)
10代で糖尿病を発症しました。親が医療保険に入れてくれていて、感謝しています。
先月、ケトアシドーシスで入院しました。入院給付金で随分助かりました。
熊本県 女性 緒方様
私は1型糖尿病だ。発症したのは14歳、中二の冬だった。それから20年という月日が経過した。1型糖尿病があることで将来に不安が大きくなったことは間違いない。経済的な問題や仕事のこと、もちろん人間関係も含め大きな不安が押し寄せた。このエクセルエイドという保険会社に出会えたのは、不安である将来を保障してくれたものの一つだと思う。

治療しているとはいえ、急変して緊急入院などあった私。加入できたことで不安が保障に変わったのだと思う。
エクセルエイドという会社の保険によって、少なからず私の人生は保障されている。だから1型2型など関係なく、糖尿病と闘う全ての人に伝えたい。

日々の積み重ねが必ず10年後20年後、自分の人生の味方になってくれます。
私は気付くのがとても遅かったから。けど治療は続きます。前を向いて生きよう。

30歳男性(2型糖尿病)
合併症の予防で目の検査を受けていますが、契約前から発症している糖尿病合併症も保障してくれるので、申込みを決めました。今は安心です。

エクセルエイドの公式HPはこちら

エクセルエイド「糖尿病保険」のメリットとデメリット

糖尿病保険への加入者にとってのメリットとデメリットをまとめました。

メリット一覧

  • 糖尿病の持病がある方でも加入することができる。
  • 1型糖尿病の方には加入にあたっての緩和措置がある。
  • 年齢が若めの方だと保険料が特に安い。
  • 多くの緩和型医療保険では加入できる年齢40歳からとしているが、エクセルエイドの糖尿病保険は0歳3か月から加入することができる。
  • 医療保険だけでなく、一緒に死亡保険もセットで加入することが出来る。

デメリット一覧

  • 少額短期保険なので、高額な保障がありません。
  • 死亡保障も最大で300万円までしかかけられません。
  • 少額短期保険なので、生命保険料控除がない。
  • 毎年更新制なので、高齢の方だと保険料が高くなります。特に75歳を超えると保険料の上昇幅が上がります。

糖尿病保険の保険料例

■ 糖尿病保険(医療保険 最大80万円まで)
10歳男の子 毎月1,365円
20歳女性 毎月1,443円
30歳男性 毎月2,042円
40歳女性 毎月1,958円
50歳男性 毎月3,648円
60歳女性 毎月3,915円

■ 糖尿病保険ライフ(死亡保険100万円)
10歳男の子 毎月738円
20歳女性 毎月758円
30歳男性 毎月861円
40歳女性 毎月854円
50歳男性 毎月1,428円
60歳女性 毎月1,411円

上記の保険料や公式HPからの抜粋です。
詳しくはエクセルエイド社の公式HPにてご確認ください。

エクセルエイドの公式HPはこちら