FP・識者の保険コラムExpart Column

保険プロも絶賛!双子や三つ子の妊娠でコープ共済に入ると多額の保険金を受け取れる。

コープ共済

双子、三つ子など多胎児を妊娠された方で、出産に関するお金が心配という方にお勧めしたい保険があります。
それがコープ共済です。

「コープ共済は双子・三つ子の妊娠が分かってからでも加入でき、帝王切開や入院に対して保険金が支払われる。」

私は妊娠中の方への医療保険を中心に、保険の仕事を長年してきましたが、このことを知って正直言ってびっくりしました。
決してコープ共済のまわし者や関係者ではありませんので、安心して読まれてください。

双子などの多胎児妊娠が分かってからも加入できるコープ共済

妊娠~出産に起きる入院・手術の備えの1つに、「保険」があります。
今回紹介するコープ共済も妊娠・出産に備えられる保険です(厳密にいうと、「保険」ではなくて「共済」なので少し違うのですが、細かいところは置いておいて、ひとくくりで「保険」と呼びます)。

コープ共済は一定の条件をクリアすれば妊娠中でも加入が可能で、現在の妊娠も保障の対象となります。
もちろん必ず加入が出来るとは言えませんが、過去に双子妊娠中にコープ共済に加入し、出産後に保険金を受け取っているという方が何人もいます。

保険のプロが教える「コープ共済のここがすごい!」

コープ共済のすごいところは、
①双子や三つ子を妊娠中してても加入できる
②手ごろな掛け金
③女性特定病気入院なら保険金が上乗せされる(たすけあい女性コース)

です。

このうち、①は特に秀逸です。

まず最初に知っておいて欲しいのが、多くの医療保険では妊娠中は医療保険に加入出来ないか、加入できたとしても今回の妊娠に限っては保障対象外になるなどの条件が付けられます。

そんな中、数は少ないですが、妊娠中に加入できて、尚且つ一定の条件が揃えば今回の妊娠も対象となる保険があります。
弊社でもそのような妊婦さん向けの医療保険を複数販売しています。
■参考:今の妊娠を保障!妊娠中も加入できる医療保険を比較!

しかし、これらの医療保険でも、「多胎児妊娠については保障対象外」となってしまうんですね。

なぜなら双子や三つ子の出産では多くのケースで帝王切開出産となるため、保険会社では「ほぼ確実に支払うことになるような保険は引き受けられない」
となるわけです。
保険は本来、「確率は低いけど当たると費用の負担が重いもの」を補償するものなので、保険会社のこのような対応もやむを得ないものなのです。

しかし、それらの医療保険の中にも抜け道がありました。
それがコープ共済!

コープ共済には他保険会社にあるような「双子・三つ子の妊娠は保障しません」という条項がなく、実際に過去に双子妊娠中に加入が出来たという人が多数いるのです。

つまり、妊婦検診などで双子・三つ子の妊娠が分かったらすぐにコープ共済に加入すれば、出産後の帝王切開出産への手術保険金や、出産前後の入院への入院保険金も受け取ることが出来て、かなりの得が出来る・・・というわけなのです。

コープ共済には複数の保険がありまして、複数の保険に加入しておけば合計で100万円近い保険金を受け取ることが出来ます(あくまで計算上ですが、実際にそれをされた方のブログをネット検索で見つけることが出来ました)。

■ 参考ブログ「家族の為に出来ることからコツコツと☆」
双子妊娠から出産までにかかった費用

どれくらいの得が出来るかシミュレーション

コープ共済は多胎児を妊娠しているママの大きな味方になる保険ですが、実際にどのくらいお得になるのかシミュレーションしてみましょう。

以下の条件で計算してみます。

【契約内容・入院日数等】
加入したコース:《たすけあい》女性コース L4000コース
加入時期:妊娠3か月目で加入し、7ヶ月間加入
支払った掛金合計:毎月4,000円 × 7ヵ月 = 28,000円

分娩方法 帝王切開
入院日数 10日

【支払われた保険金】
①手術保険金:80,000円(帝王切開手術は掛金の20倍が支払われます)

②入院:1日13,000円×10日=130,000円
13万円×70% = 91,000円
※コープ共済では、申込日から1年以内に開始した入院については保険金が削減され、加入して181日~1年以内に入院を開始したときは30%が削減されます。

合計:①+② = 171,000円

このように、支払った掛金が2万8000円なのに対して、17万1000円の保険金を受け取ることが出来るのです。
14万3000円分も得できる計算ですね。

複数の保険に加入しておけば、これがさらに倍増されます。
(さきほどリンクで紹介したブログの方は、たすけあいL4000とあいぷらすの2つに加入されて、合計で100万円以上の保険金を受け取られていますね。素晴らしい作戦!)

申込にあたっての注意事項

このようにすごくお得なコープ共済ですが、加入にあたってはいくつか注意事項もあります。

まず、「多胎児の妊娠中に必ず保険に加入出来る」というわけではありません。

コープ共済に加入するには告知を行う必要があり、以下が告知書の妊娠に関する告知事項になります。
コープ共済の妊娠告知事項

7番で聞かれているように、例えば現時点で妊娠経過について異常(妊娠糖尿病や切迫早産など)を指摘されていると加入は出来ません。
帝王切開手術が確定している場合も難しいかもしれません。

しかし逆に言えば、「双子や三つ子を妊娠していても、帝王切開予定をまだ確定させていなければ加入できる可能性が高い」ということです。

これについてはコープ共済の契約引受け部門でないと正確なことは言えないため、加入の際にはコープ共済に連絡をし、加入できるという確証を得たうえで申込みをしましょう。
実際にそれで多くの多胎妊婦さんがコープ共済に加入し、保険金を受け取れています。

以上が保険プロが解説する「多胎妊婦さんにお勧めのコープ共済」についてでした。
もし妊娠中にトラブルが起きてからだと保険には加入出来なくなってしまうので、早めの検討・行動されることをお勧めします。