学資保険、離婚することになったらどう変更したらよい?

離婚時に学資保険はどう扱われるのか? 子供の教育資金の準備のために学資保険に加入している人も少なくないと思います。 さて、もし離婚という事態になった場合、学資保険はどのようになるのでしょうか? 学資保険への加入は、夫婦のどちらかが契約者になって行われることが多いのですが、もし離婚をすることになったときは学資保険は共有財産として財産分与の対象となります。 財産分与の方法として保険を解・・・

「学資保険、離婚することになったらどう変更したらよい?」の続きはこちら

「ポケモンGOで他人にケガさせた」には保険で対策!

ポケモンGOを歩きスマホで遊んでいたら人にぶつかってケガをさせてしまい、裁判所から1億円の賠償命令を受けてしまった! 近いうちにこんなニュースを目にするかもしれません。 ポケモンGO大人気の影で、歩きスマホが問題に 世界中で大人気のポケモンGO。現実の世界でポケモン探しの旅やジム戦ができるとあって、多くの人がポケモンGOを楽しんでますね。 実は私もポケモントレーナーの1人で・・・

「「ポケモンGOで他人にケガさせた」には保険で対策!」の続きはこちら

フィンテックに期待する保険業界。ITと金融の異業種連携はどう進むか。

最近の保険業界では異業種からの参入だけではなく、金融とITが結びついてビッグデータを活用した金融商品の開発(フィンテック)が活発化してきています。 異業種間の連携は、双方にとって技術やサービスの向上により契約者の囲い込みというメリットも見込めます。 たとえば住友生命保険ではソフトバンクと提携し、契約者の健康増進を後押しする保険をつくることになりました。 住友生命保険の契約者にソフトバンク・・・

「フィンテックに期待する保険業界。ITと金融の異業種連携はどう進むか。」の続きはこちら

2015年度海外旅行保険の事故発生情報

ジェイアイ傷害火災保険が、2015年度の海外旅行保険契約者の事故発生率を公表しました。こちらのデータは同社が1996年より毎年公開しています。 2015年度の事故発生率は3.6%となり、28人に1人が何らかのトラブルにあっているという結果になりました。 この数字が多いか少ないかは個人によって感じ方が異なると思いますが、保険に加入していない方でもトラブルにあっている方もいると考えると、私個人・・・

「2015年度海外旅行保険の事故発生情報」の続きはこちら

女性社員が行う熊本地震被害調査が好評です。

AIU損害保険が熊本地震の被害調査に初めて女性社員を投入し、好評を得ています。 災害被害の立会調査に女性が加わることにより、女性目線の配慮や気配りが被害者に受け入れられ喜ばれているようです。 特に女性の契約者にとっては、気兼ねなく話ができ、安心感も得られているのではないでしょうか。 損害保険の被害調査と言うと、どうしても男性の担当者が対応という印象が強く、冷静な対応が冷たく感じることを想・・・

「女性社員が行う熊本地震被害調査が好評です。」の続きはこちら

訪日外国人向けの自賠責問い合わせセンター、新たに設置へ。

訪日外国人のレンタカー事故が増えている 国土交通省が、訪日外国人客の交通事故に対応するために自動車損害賠償責任保険の補償手続きの問い合わせセンターを運営する事業者の公募を始めました。

訪日客向けに自賠責窓口 事故増加に対応、国交省が事業者公募

 国土交通省は25日、増加する訪日外国人客の交通事故に対する支援態勢強化のため、自動車損害賠償責任保険(自賠責)の補償手続き・・・

「訪日外国人向けの自賠責問い合わせセンター、新たに設置へ。」の続きはこちら

高齢者層に増える介護保険料滞納

厚生労働省の調査で、介護保険料の滞納のために資産の差し押さえ処分を受けた65歳以上の高齢者が1万人を超えたことがわかりました。 これはとても由々しき問題だと思います。 介護保険制度が始まってから14年の間に介護保険料自体が1.7倍に増えており、加入者の負担額が大きくなっていることも一因ではあると思いますが、収入の伸び悩み、実質的には収入減少となっていることも大きいと思います。 生活費に関・・・

「高齢者層に増える介護保険料滞納」の続きはこちら

【熊本地震を受けて】地震保険加入率の向上が求められています。

熊本地震から1週間以上経ちましたが、まだまだ余震が続いており避難生活を余儀なくされている人も多くいます。 この度の地震で建物の倒壊や火災が相次いだ熊本、大分の両県では地震保険に加入する世帯の割合が2~3割だということが分かりました。正直に申しまして、もう少し多くの人が地震保険に加入しているのではないかと思っていました。 東日本大震災時にも地震保険は脚光を浴びました。あれだけの被害を目の・・・

「【熊本地震を受けて】地震保険加入率の向上が求められています。」の続きはこちら

外国に旅行に行くなら海外旅行保険に加入しましょう。

株式会社ウィズハートではChubb損害保険会社の海外旅行保険を取り扱っています。 詳しくは下記の商品説明サイトをご参照ください。 ・チャブの海外旅行保険 ・チャブの海外留学保険・・・

「外国に旅行に行くなら海外旅行保険に加入しましょう。」の続きはこちら

このたびの熊本地震により被害を受けられた皆さまに心からお見舞い申し上げます。

このたび4月16日に発生しました熊本県を震源とする地震により被害を受けられた皆さまに心からお見舞い申し上げます。

「このたびの熊本地震により被害を受けられた皆さまに心からお見舞い申し上げます。」の続きはこちら

認知症に備える保険、続々と開発。

厚生労働省の試算によると、2025年の認知症患者数は700万人を超えると予想されています。65歳以上の5人に1人が認知症になる計算です。 このような事態に備え、保険会社各社では認知症に特化した保険の取り扱いを始めています。 認知症で特定の状態になった場合に、一時金または年金を貰える保険です。 認知症保険の需要は大きい。 3月に、他社に先駆けて太陽生命から、日本初の認知症に特化した保・・・

「認知症に備える保険、続々と開発。」の続きはこちら

日本初!駐輪場料金と自転車保険と点検料金がセットになった新サービス

株式会社アーキエムズは、定期駐輪場月額利用料金と損害賠償保険と自転車点検が一体となった新サービスを、同社が運営・管理する定期駐輪場にて開始しました。 たとえば毎日の通勤に自転車を使用していて駐輪場にも自転車を預けているのであれば、万一の自転車事故に対する補償もセットになっていてかなりリーズナブルなサービスだと思います。 サービスの発想が興味深いものであるのと同時に、自社が行っている事業・・・

「日本初!駐輪場料金と自転車保険と点検料金がセットになった新サービス」の続きはこちら

マイナス金利の影響による保険活用の変化予想

明治安田生命保険や日本生命保険などの大手生命保険会社が、貯蓄性の高い一時払い終身保険で一部商品の販売を平成28年4月から停止する方針を明らかにしました。いずれも平成28年2月から始まった日銀のマイナス金利政策の影響を理由としています。 生命保険の活用は、万が一の死亡リスクに備える方法だけでなく、一時払い終身保険や学資保険、個人年金保険のように満期返戻金を多く受け取る方法も大きな魅力の1つです・・・

「マイナス金利の影響による保険活用の変化予想」の続きはこちら

認知症対策、保険による予防策はどこまで出来る?

損害保険会社各社は、今後増加すると予測されている認知症患者に対する保険の品揃えを強化している模様です。 生命保険会社の太陽生命保険が業界初となる認知症に対して支払われる生命保険を販売していることや、認知症の男性が徘徊し死亡した最高裁の判決が世の中に対して認知症の新たな問題提起をさせた形だといえます。 最高裁の判決では、認知症患者が徘徊し鉄道会社に損害を与えたことについて家族への賠償責任がな・・・

「認知症対策、保険による予防策はどこまで出来る?」の続きはこちら

【滋賀県】2016年10月より自転車保険を加入義務化

滋賀県で今年の10月1日から自転車損害賠償保険の加入を義務化する条例が可決されました。 昨年、全国で初めて兵庫県で自転車利用者に自転車損害賠償保険の加入を義務づけられたことは大きく報道されましたので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。 大阪府でも2月議会で条例案を提出することが決まっています。 自転車損害賠償保険加入義務化の流れは、特に関西地方で広がりつつあります。 増加してい・・・

「【滋賀県】2016年10月より自転車保険を加入義務化」の続きはこちら

「大好きなペットに保険金を残したい」。ペット信託保険が広がっています。

ペットを家族の一員として愛情を注いでいる人が多いですよね。高齢者にとっては、子供が巣立った後の寂しさを埋める大切な存在なのではないでしょうか。 最近では特に愛犬家が増えているように思います。犬は人の気持ちを癒す力を持っていて、動物セラピーでも活躍しています。デイサービスなどにもセラピー犬を活用しているところもありますね。 高齢者の方の自然な笑顔を引き出してくれているように思います。また・・・

「「大好きなペットに保険金を残したい」。ペット信託保険が広がっています。」の続きはこちら

セゾン自動車火災保険がALSOKと提携。事故現場にALSOK警備員を派遣。

2016年4月より、セゾン自動車火災がALSOKと提携し、事故対応のサポート体制を更に充実させるそうです。 ALSOKの警備員が事故現場に急行してくれるという、これまでなかった独自サービスを展開していく予定です。 人気のダイレクト系自動車保険 セゾン自動車火災といえば40代・50代の保険料が割安となるダイレクト系自動車保険「おとなの自動車保険」でおなじみですね。 価格.com「自動車保・・・

「セゾン自動車火災保険がALSOKと提携。事故現場にALSOK警備員を派遣。」の続きはこちら

金融庁、不妊治療向け保険を3月にも解禁の予定

「不妊治療の費用を保障する保険商品を解禁する」と金融庁が公表しました。解禁されるのは2016年3月を予定しており、各社がどのような不妊治療保険を打ち出してくるかが気になります。 不妊治療保険が解禁された背景とは 晩婚化や出産年齢の上昇傾向により、不妊治療をする人が増加しています。実際に私の身近でも40歳代で結婚し、不妊治療の結果子供が授かった友人もいます。 晩婚化は、女性の大学進学率・・・

「金融庁、不妊治療向け保険を3月にも解禁の予定」の続きはこちら

保険ウィズを公開しました。

保険ウィズを公開しました。

「保険ウィズを公開しました。」の続きはこちら

糖尿病でも入れる保険

糖尿病の方でもご加入いただける定期保険・医療保険が誕生しました!(糖尿病は1型2型を問いません) これまで糖尿病の方は一般の医療保険にご加入いただくことが難しかったのですが、持病の糖尿病だけでなく合併症まで補償されます。 弊社ではエクセルエイド少額短期保険会社が販売している ■糖尿病有病者向け定期保険 「糖尿病保険ライフ」 「糖尿病保険ミニ」 「糖尿病保険フラット」 ■糖尿病有病・・・

「糖尿病でも入れる保険」の続きはこちら
Page 7 of 7 «1 2 3 4 5 6 7