糖尿病患者さんの指導事例「1型糖尿病のRちゃん」

この指導事例の記事は漫画版もあります。 【漫画】糖尿病患者さんの指導事例「1型糖尿病のRちゃん」 新人の頃に気付かされた患者さんの気持ち まだ新人看護師としてできる事も少なくて、糖尿病の事もよくわかっていなかった15年前。インスリンポンプもCGMのような自動で血糖値を測ってくれる機械も一般的ではなかったそんな少し昔のお話です。 ある時、Rちゃんという10歳くらいの女の子が入院し、私・・・

「糖尿病患者さんの指導事例「1型糖尿病のRちゃん」」の続きはこちら

糖尿病のコロナ感染者が死亡。陽性判明の翌日に容体が急変。

糖尿病の疾患の60代男性の方(広島市在住)が新型コロナウイルスに感染して亡くなられたことが分かりました。 12月13日に新型コロナウイルスの検査で陽性とされ、14日に夕方に容体が急変して自宅で亡くなったとのことです。 糖尿病のような基礎疾患のある方が新型コロナウイルスに感染すると重症化しやすいというのは以前から言われていたことですが、死亡という最悪の結果となってしまいました。 医・・・

「糖尿病のコロナ感染者が死亡。陽性判明の翌日に容体が急変。」の続きはこちら

お正月を前に、糖尿病療養指導士から食生活アドバイス

もうすぐお正月ですね。 2020年は1年前からは想像もできないような新しい生活様式に思い悩み、ご苦労された患者さんも多かったことでしょう。 ここではお正月前後の面談で、糖尿病療養指導士として患者さんにお話ししているエピソードをご紹介いたします。 ハレの日、ケの日って知っていますか? この言葉を知らないという若い世代の方もたくさんいらっしゃるでしょう。 昭和の時代にはよく耳にし・・・

「お正月を前に、糖尿病療養指導士から食生活アドバイス」の続きはこちら

富山県で自転車同士が衝突する事故。安全な利用と自転車保険の必要性。

富山県で自転車同士の衝突事故がありました。 自転車に乗っていた女性が重症で運ばれましたが、もう1人の相手はその場からいなくなり、現在ひき逃げとして捜査をしています。 全国で多発する自転車事故 新型コロナウィルスの影響で、自転車通勤する人や、運動不足解消のために休日に自転車に乗る人などが増えています。 また、外食を避けるためにウーバーイーツのような自転車配達を利用した宅配も多くなりま・・・

「富山県で自転車同士が衝突する事故。安全な利用と自転車保険の必要性。」の続きはこちら

「妊婦さんに医療保険は必要ない」の嘘。妊婦さんこそ保険に加入しておくべき理由

「妊娠・出産で医療保険は必要ですか?」 これはよく聞かれる質問です。 結論からいえば、妊婦さんこそ医療保険に入っておくべきだと考えています。 その一番の理由として、身近な人が医療保険で救われた事例を私は見ているからです。 妊娠中に何もトラブルなく出産できた方は「保険なんて要らないよ」と言うかもしれませんが、実際に妊娠異常で緊急手術&緊急入院をした人を近くで見て、またその入院生活・・・

「「妊婦さんに医療保険は必要ない」の嘘。妊婦さんこそ保険に加入しておくべき理由」の続きはこちら

病院職員がパワハラで自殺。遺族が静岡病院を提訴し、6200万円を損害賠償請求。

2014年12月に静岡市立静岡病院の男性職員(当時57歳)が自殺した問題で、遺族が地方静岡市立静岡病院に約6200万円の損害賠償を求める訴えを起こしたことが分かりました。 遺族は2020年1月、長時間労働や部下によるパワハラ行為への対応を怠ったことが自殺の原因だったとして、市を相手に同様の訴えを起こしていました。 遺族側は「本件は市との雇用関係の中で発生した。市が責任を病院に押し付ける・・・

「病院職員がパワハラで自殺。遺族が静岡病院を提訴し、6200万円を損害賠償請求。」の続きはこちら

会社で起こるセクハラ行為と雇用者として取るべき対策

セクシュアルハラスメント(セクハラ)は企業にとって重大なトラブルのひとつです。 従業員は企業の対応の仕方によって、企業がいざという時に寄り添ってくれるのかどうかを判断するので、経営者は迅速に行動することが求められます。 そこで、職場でセクハラが発覚した際の対処法と、実際に起こる可能性があるセクハラ行為について解説します。 会社がセクハラを看過できない理由 セクハラが起きると、当然で・・・

「会社で起こるセクハラ行為と雇用者として取るべき対策」の続きはこちら

糖尿病療養指導士は糖尿病患者の人生のサポーター。看護師の私が意識していること。

「糖尿病療養指導士」とは、糖尿病とその療養指導全般に関する高度な専門知識をもって、糖尿病患者の生活を理解し、適切な自己管理や療養を指導するスタッフと定められています。 試験を受けるためには、看護師、管理栄養士、臨床検査技師、理学療法士のいずれかの資格持っていて、過去10年以内に継続2年以上で通算1000時間以上糖尿病療養指導を行っている事が一つのラインになります。 さらに自分が経験した・・・

「糖尿病療養指導士は糖尿病患者の人生のサポーター。看護師の私が意識していること。」の続きはこちら

医療保険エブリワンの指定疾病不担保制度とは?

指定疾病不担保制度とは、保険会社が指定した病気(疾病)を直接の原因とした入院等は保障しない(不担保)という制度です。つまり一定の条件をつけて保険に加入出来るというものです。 なぜ条件が必要なのかというと、大勢の契約者の間で公平性を保つためです。 例えば妊娠中に治療の可能性を指摘されている人と健康な人では入院するリスク等が変わってきますよね。それぞれリスクが異なるのに、同じ保険料や保障にして・・・

「医療保険エブリワンの指定疾病不担保制度とは?」の続きはこちら

医療保険エブリワンに加入された方の感想

この仕事をしていて、「医療保険エブリワンに加入して良かった!」という御礼の言葉を多く頂きます。 実際に保険金を受け取った方からは以下のような声を頂きました。 [toc] 保険金を受け取られた方の声

「医療保険エブリワンに加入された方の感想」の続きはこちら

「妊婦さんに医療保険は必要ない」の嘘。妊婦さんこそ保険に加入すべき理由

「妊娠・出産で医療保険は必要ですか?」 これはよく聞かれる質問です。 結論からいえば、妊婦さんこそ医療保険に入っておくべきだと考えています。 その一番の理由として、身近な人が医療保険で救われた事例を私は見ているからです。 妊娠中に何もトラブルなく出産できた方は「保険なんて要らないよ」と言うかもしれませんが、実際に妊娠異常で緊急手術&緊急入院をした人を近くで見て、またその入院生活・・・

「「妊婦さんに医療保険は必要ない」の嘘。妊婦さんこそ保険に加入すべき理由」の続きはこちら

糖尿病内科で働く看護師がしている仕事とは

初めまして。私は糖尿病を中心とした内科外来で働いている看護師(15年目)です。 以前には大学病院や総合病院の小児科や内科系病棟も経験していました。 今回最初の記事では、糖尿病内科で働いている看護師が普段どんな仕事をしているか、ご紹介します。 私と糖尿病との関わりは小児科での新人時代にさかのぼります。 1型糖尿病の患者さんが多く病気や治療について勉強したくても参考書や症例が少ないなか・・・

「糖尿病内科で働く看護師がしている仕事とは」の続きはこちら

ママ頑張り過ぎていませんか?出産後の産後うつとその対策

産後数週間から数ヶ月に発症するうつ病の事を「産後うつ」と言いますが、この産後うつがコロナ禍で急増していると言われています。 私は2人の子供を育てながら子育てボランティア団体を運営していますが、コロナ禍で思うように活動が出来ず、専門家の方々も「産後うつ」の心配をしています。 今、産後うつの心配があるママさんや育児が辛いと感じるママさんに伝えたいことがあります。 「ママ頑張り過ぎていませ・・・

「ママ頑張り過ぎていませんか?出産後の産後うつとその対策」の続きはこちら

ウーバーイーツに欠けた社会的意識。配達員が起こした自転車事故にウーバーイーツは責任を持つべき。

ウーバーイーツの配達員が女性にぶつかる事故を起こし、250万円の損害賠償請求の訴えを受けていることが報道されました。 事故は大阪で2018年に起こり、配達員がスマートフォンの画面を見ながら自転車で走行していたため、女性に気づかず衝突してしまったとのことです。 スマートフォンの画面を見ていたということは配達依頼を探していたと思われ、配達外で起きた事故になります。 ウーバーイーツは配達員向け・・・

「ウーバーイーツに欠けた社会的意識。配達員が起こした自転車事故にウーバーイーツは責任を持つべき。」の続きはこちら

ウーバーイーツの配達員向け補償制度、10月1日より補償が拡充しています

ウーバーイーツが2020年10月1日より配達員向けの保険制度を拡充させました。 拡充対象となるのは、配達員自身がケガをした場合などに見舞金が支払われる傷害補償です。 2020年9月30日までの旧制度の傷害補償 補償内容 補償期間 補償限度額 医療見舞金 配達中 医療見舞金として、25万円 死亡見舞金
葬式費用 配達中 死亡見舞金:10・・・

「ウーバーイーツの配達員向け補償制度、10月1日より補償が拡充しています」の続きはこちら

妊婦が新型コロナに感染すると妊娠後期ほど重症化。日本産婦人科医会が注意喚起。

産婦人科の医師で作る日本産婦人科医会が9月17日、「妊婦が新型コロナウイルスに感染すると妊娠後期に症状が重くなる傾向がある」と公表し、妊娠中の方々に注意を呼び掛けています。 日本産婦人科医会では全国2200の産科クリニックや病院を対象に調査を行い、その結果をHPにて公開しました。 それによると、妊娠中に新型コロナウイルスに感染して酸素投与が必要になるほど重い症状の妊産婦は、 妊娠初期・・・

「妊婦が新型コロナに感染すると妊娠後期ほど重症化。日本産婦人科医会が注意喚起。」の続きはこちら

自転車に乗っていて自動車と衝突事故。自転車側がすべきことは?

新型コロナの感染拡大をきっかけに、移動手段として自転車を利用し始めた方が増えています。 一方で、利用者の増加とともに事故の増加が問題となりつつあります。 さて、もしあなたが自転車に乗っている最中に自動車にぶつかる事故を起こしてしまったらどのように対処すべきでしょうか。 このページでは、自転車事故を起こしたときに「すべきこと」をまとめます。 自転車事故も基本的に自動車事故・・・

「自転車に乗っていて自動車と衝突事故。自転車側がすべきことは?」の続きはこちら

ウーバーイーツ配達員向けの補償制度、足りない補償が社会問題に。

ウーバーイーツ配達員による事故が多発 デリバリー需要が高まり、注目を集めているウーバーイーツ。 ウーバーイーツ配達員は配達用のバッグと自転車があれば始められるので、副業としても人気です。 一方で、最近はウーバーイーツ配達員による交通事故のニュースをよく見かけるようになりました。 「早くお客様のもとに届けなければ」「効率よく稼がなければ」という気持ちが、スピードの出し過ぎに繋がり、事故を・・・

「ウーバーイーツ配達員向けの補償制度、足りない補償が社会問題に。」の続きはこちら

「がんになっても入れるほけん」の新型コロナウイルスへの補償について

この度の新型コロナウイルス感染症でお亡くなりになられた方々に、心よりご冥福をお祈りするとともに、ご遺族の方々に心よりお悔やみ申し上げます。また、治療を受けられている方々へ心よりお見舞い申し上げます。

弊社で取り扱いをしている富士少額短期保険会社の「がんになっても入れるほけん」について、新型コロナウイルスへの補償対応についてご案内いたします。

保険金・給付金のお・・・

「「がんになっても入れるほけん」の新型コロナウイルスへの補償について」の続きはこちら

がんは日本の国民病。死因数から見るがんの怖さ。

2016年新規がん罹患者数は過去最高の99万5千人を突破。

2016年に日本においてがんと診断された患者数は、99万5132例と過去最高となりました。


※出典 国立がん研究センター統計2019年1月21日 最新がん統計

1981年以降、36年連続でがんは日本人の死因第1位となっており、1年間で37万人以上(男性:約22万人、女性15万人・・・

「がんは日本の国民病。死因数から見るがんの怖さ。」の続きはこちら

Page 6 of 11 «1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 »