多発性硬化症の方向けに海外留学保険の特別プランを手配しました。

2月に多発性硬化症(指定難病)を患っている方から、ホームページのお問い合わせを通じてワーキングホリデー保険のご相談がありました。 その方は4月からカナダにワーキングホリデーを予定しているとのことで海外旅行保険を探していたのですが、直前に多発性硬化症を発症してしまい、加入できる保険がなくてどうしたらいいかという内容でした。 ワーキングホリデー保険に限らず生命保険や医療保険でもそうなのですが、・・・

「多発性硬化症の方向けに海外留学保険の特別プランを手配しました。」の続きはこちら

埼玉の川島町が画期的英断。全ての中学生を対象に自転車保険料を町が負担。

埼玉県川島町教育委員会が、町内の中学校に通う全生徒を対象に、町が保険料を負担して自転車保険に加入させることとしました。 埼玉県では2018年4月1日より「埼玉県自転車の安全な利用の促進に関する条例」の改正をし、 ・自転車保険の加入義務化 ・学校等における保険加入確認の努力義務 が定められました。 川島町ではこの改定内容をさらに進め、町内の中学生を対象に自転車保険料を町が負担するこ・・・

「埼玉の川島町が画期的英断。全ての中学生を対象に自転車保険料を町が負担。」の続きはこちら

健康診断の高品質化が実現した保険会社への「診断結果提出」

経営者や自営業者の仲間に「健康診断受けた?」と聞くと、少なくとも半分の方からは「ここ何年も受けていない」という返事が返ってきます。 定期的な健康診断が課せられている会社員や学生ならともなく、健康診断が「義務」ではない人にはなかなか受診する敷居が高いものです。 そのため、生命保険に加入してはじめて「自分の体は病気になる可能性が高い」ことが判明する人もいます。これは同時に、保険金を支払う保険会・・・

「健康診断の高品質化が実現した保険会社への「診断結果提出」」の続きはこちら

相模原市でも自転車保険を加入義務化。普及のカギは「罰則」。

神奈川県の相模原市が2017年12月25日、自転車を利用する市内居住者や事業者、通勤・通学者(自転車を利用する未成年者の保護者も含む)を対象に、損害賠償保険の加入を義務付ける条例「安全に安心して自転車を利用しようよ条例」を施行しました。 これまでも多くの自治体が自転車保険加入の義務化を定める条例を出してきましたが、「自転車の販売業者にも、自転車を販売する際に自転車保険加入の確認を義務付け・・・

「相模原市でも自転車保険を加入義務化。普及のカギは「罰則」。」の続きはこちら

保険会社と自治体の協定、全国に広がる

2017年10月19日、損害保険ジャパン日本興亜と横浜市は、地域活性化に関する包括連携協定を結びました。 市内在住の高齢者への声掛けや、災害時のドローン(小型無人機)活用など幅広い分野で連携するとのことですが、近年、保険会社と自治体が連携して社会課題の解決に取り組む「包括連携協定」の動きは全国で広がっています。 保険会社と自治体が結んだ「包括連携協定」の例 日本生命・第一生命・住友生命と・・・

「保険会社と自治体の協定、全国に広がる」の続きはこちら
Page 2 of 9 «1 2 3 4 5 6 7 ... 9 »