入賞の20名に賞金1万円!「ストップ・ザ・糖尿病」標語を大募集!

弊社でも取り扱いをしているエクセルエイド少額短期保険会社が、「ストップ・ザ・糖尿病」標語の大募集キャンペーンを開催しています。 同社では主に糖尿病をお持ちの方向けに専門の医療保険・生命保険を販売しています。 エクセルエイド少額短期保険会社の医療保険・生命保険ページ 今回のキャンペーン、保険加入されていない方ももちろん応募可能です。 優秀賞に選ばれた20名の方には賞金として1・・・

「入賞の20名に賞金1万円!「ストップ・ザ・糖尿病」標語を大募集!」の続きはこちら

保険比較サイト「保険ウィズ」に、プラス少額短期保険の「差額ベッド代保険」を掲載しました。

株式会社ウィズハート(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:木代晃輔)は、運営する保険比較サイト「保険ウィズ」において、プラス少額短期保険株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:遠藤尚樹、以下、プラス少短)の保険商品「差額ベッド代保険」の掲載を開始いたしました。 「差額ベッド代保険」は、入院中に自己負担した差額ベッド代の実費負担分を、1日最高2万円まで補償する保険です。 プライバシーが確・・・

「保険比較サイト「保険ウィズ」に、プラス少額短期保険の「差額ベッド代保険」を掲載しました。」の続きはこちら

糖尿病網膜症の治療にかかる費用と備え方

糖尿病の併症の1つである糖尿病網膜症。発症すると、治療は生涯にわたります。 進行すると月に1回の受診だけでなく、レーザー治療や手術が必要になるちょっと厄介な病気です。 通院・治療にはどうしても「お金」が必要です。 では、糖尿病網膜症の通院や治療には、どれくらいのお金がかかるのでしょう。 今回は「糖尿病網膜症の治療費はいくらかかるの?」をテーマに、現役看護師で糖尿病療養指導士の小・・・

「糖尿病網膜症の治療にかかる費用と備え方」の続きはこちら

健康をサポートするがん保険「勇気のお守り」が好評です。SOMPOひまわり生命から発売された新しいがん保険。

弊社で取扱い・販売をしているSOMPOひまわり生命保険会社より、健康をサポートするがん保険「勇気のお守り」が発売されました。 特長の多いがん保険ということもあり発売当初より注目度が高く、全国各地でご加入されている方が増えています。 弊社でも健康をサポートするがん保険「勇気のお守り」の取り扱いをしておりますので、ご興味のある方、ご相談希望の方、「まずは資料を欲しい」という方はお気軽にホー・・・

「健康をサポートするがん保険「勇気のお守り」が好評です。SOMPOひまわり生命から発売された新しいがん保険。」の続きはこちら

iDeCoを始める金融機関、どんな基準で選べばよいでしょうか

質問 iDeCoを始めようと思っているのですが、どの金融機関で始めるか悩んでいます。 金融機関選びのアドバイスは何かありますでしょうか。

アドバイス

iDeCoは1つの金融機関でしか使えない制度なので、金融機関選びはとても重要です。 いくつかポイントがあるので、それを踏まえ・・・

「iDeCoを始める金融機関、どんな基準で選べばよいでしょうか」の続きはこちら

体外受精(顕微授精)で妊娠しましたが、妊婦さん向け医療保険に加入できますか?

質問 不妊治療の末に妊娠することが出来ました。 体外受精(顕微授精)による妊娠です。 妊娠中の体調不良や、妊娠・出産異常に備えたいので医療保険に入りたいのですが、体外受精による妊娠の場合は妊婦さん向けの医療保険に加入することは出来ますか?

回答

「体外受精(顕微授精)で妊娠しましたが、妊婦さん向け医療保険に加入できますか?」の続きはこちら

企業型確定拠出年金とiDeCoは併用できる?上手な使い分けをFPが解説

質問 会社で企業型確定拠出年金がスタートした事で投資に興味を持ちました。 個人型確定拠出年金(iDeCo)と併用が出来ると聞いたのですが、どのように使い分ければ良いでしょうか?

アドバイス

企業型確定拠出年金とiDeCoの併用は、勤め先が一定の条件を満たしている必要があります・・・

「企業型確定拠出年金とiDeCoは併用できる?上手な使い分けをFPが解説」の続きはこちら

「インシュアランス ジャーナル」に、弊社代表のコメントが掲載されました。

保険業界メディアである「インシュアランス ジャーナル」の2021年10月6日付けの記事「妊婦さんの保険を考える 本当に考えるべき保障は?妊婦向け保険とは?」に、弊社代表の木代晃輔のコメントが掲載されました。 今回の記事では「妊娠中の方向けの医療保険」について特集しており、『妊婦さんの保険加入にはどのようなニーズがあるか、どのような保障が必要か。』について木代がインタビュー回答していま・・・

「「インシュアランス ジャーナル」に、弊社代表のコメントが掲載されました。」の続きはこちら

2024年から新しくなるNISA、制度の説明と活用方法について

質問 NISA制度が2024年から新しくなると聞きました。 これから投資を始めようと思っているのですが、新しいNISAはどのように活用すれば良いでしょうか?

アドバイス

世間にだいぶ浸透してきた「NISA」という投資制度ですが、一般NISAとジュニアNISAは2023年、・・・

「2024年から新しくなるNISA、制度の説明と活用方法について」の続きはこちら

【漫画】妊娠22週で切迫早産になり、3ヶ月間の入院および帝王切開出産をしました

漫画家のそふとめんさんに、切迫早産の入院体験のことを漫画にしていただきました! この漫画の元となる記事はこちらです。 弊社の女性スタッフが、妊娠22週で妊娠異常が見つかり、3ヶ月間もの入院および帝王切開出産をしました [pc] [/pc][nopc] [/nopc]

マンガ制作:そふとめん様

・・・

「【漫画】妊娠22週で切迫早産になり、3ヶ月間の入院および帝王切開出産をしました」の続きはこちら

アイアル少額短期保険の「みんなの葬儀保険」を掲載しました。

株式会社ウィズハート(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:木代晃輔)は、運営する保険比較サイト「保険ウィズ」において、アイアル少額短期保険株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:安藤克行)の保険商品「みんなの葬儀保険」の掲載を開始いたしました。 「みんなの葬儀保険」は、郵送やインターネットでお申込みいただける死亡保険です。 30万円~200万円までの少額な死亡保険金額を設定でき、お・・・

「アイアル少額短期保険の「みんなの葬儀保険」を掲載しました。」の続きはこちら

2023年での廃止が決まったのに、ジュニアNISAの人気が出た理由

質問 ジュニアNISAが廃止になると決まってから加入者が増えたというニュースを見ました。 以前にFPの方に相談したときは、「ジュニアNISAは使い勝手が悪いのであまりお勧めできない」と言われました。 なぜ廃止が決まったのに加入者が増えているのでしょうか?

アドバイス

ジュニ・・・

「2023年での廃止が決まったのに、ジュニアNISAの人気が出た理由」の続きはこちら

「SBIいきいき少短の死亡保険」が『保険のプロが選ぶ死亡保険 No.1』を獲得しました。

SBIいきいき少額短期保険株式会社の「SBIいきいき少短の死亡保険」が、日本マーケティングリサーチ機構が実施したインターネット調査において、『保険のプロが選ぶ死亡保険 No.1』を3年連続で獲得しました。 ※日本マーケティング機構調べ(調査概要:2021年7月期_ブランドのイメージ調査) 『保険のプロが選ぶ死亡保険 No.1』の「SBIいきいき少短の死亡保険」は、保険ウィズの以下ページにも・・・

「「SBIいきいき少短の死亡保険」が『保険のプロが選ぶ死亡保険 No.1』を獲得しました。」の続きはこちら

SBIいきいき少額短期保険の商品を新たに掲載しました。

株式会社ウィズハート(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:木代晃輔)は、運営する保険比較サイト「保険ウィズ」において、SBIいきいき少額短期保険株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:新村光由、以下、SBIいきいき少短)の4つの保険商品の掲載を開始いたしました。 保険ウィズに掲載開始した4商品は、郵送やインターネットでお申込みいただける以下の死亡保険、医療保険です。 ・SBIいきいき・・・

「SBIいきいき少額短期保険の商品を新たに掲載しました。」の続きはこちら

NISAとiDeCoって何?メリットや違いを教えてください。

質問 将来資金の確保のため、投資について色々と勉強を始めました。 まだあまり知識がない状態なので漠然とした質問なんですが、よく聞く「NISA(ニーサ)」や「iDeCo(イデコ)」とはどのようなものなのでしょうか? 友人からは利用した方が良いと言われますが、どのくらい得する制度なのか教えてください。

アドバイス

「NISAとiDeCoって何?メリットや違いを教えてください。」の続きはこちら

現役看護師が解説する『3分でわかる糖尿病網膜症の基本』

日本の糖尿病患者は約1000万人、予備軍を含めると2000万人といわれ、年々増加しています。 糖尿病は合併症が怖い病気です。 糖尿病患者さんは、血糖コントロールが悪いと、全身の血管がもろくなります。 目の血管がもろくなると「糖尿病網膜症」という合併症を発症するリスクが高くなります。 では、糖尿病網膜症とはどのような病気なのでしょう。 今回は「3分でわかる糖尿病網膜症」をテーマ・・・

「現役看護師が解説する『3分でわかる糖尿病網膜症の基本』」の続きはこちら

糖尿病患者の自宅療養死亡を受けて。看護師が教える新型コロナ対策と予防。

新型コロナウイルス感染症が世界中で猛威を振るうようになってから、1年半以上。 「三密を避ける」、「新しい行動様式」のような予防に注力した生活だけでなく、ワクチンの普及・治療方法の確立が希望の光です。 2021年1月に「<新型コロナウイルスと糖尿病>糖尿病療養指導士からのアドバイス」という記事を公開しましたが、糖尿病患者さんを取り巻く状況は当時から変わってきました。 今回は、2021年・・・

「糖尿病患者の自宅療養死亡を受けて。看護師が教える新型コロナ対策と予防。」の続きはこちら

糖尿病合併症の治療にはお金がかかる!~虚血性心疾患(心臓病)を例に医療費を解説~

糖尿病の患者さんを担当していて心配なことがあります。 それは、毎日の血糖管理だけではありません。全身に合併症を引き起こす患者さんが多く、入退院を繰り返すこと。最悪の場合、働けなくなってしまうことです。 糖尿病の合併症を起こすとどのくらいの医療費がかかってくるのでしょうか。 合併症の1つである「虚血性心疾患」を例にとって、どのような治療が必要になって医療費がいくらかかるか、私、小田あかり(・・・

「糖尿病合併症の治療にはお金がかかる!~虚血性心疾患(心臓病)を例に医療費を解説~」の続きはこちら

家計簿が続きません。家計管理のコツを教えてください。

質問 もうすぐ子供が生まれ、産休に入ります。 このタイミングでしっかり家計を見直したいのですが、今まで家計簿が続いたことがありません。 飽きっぽくて、ズボラな性格でも続けられる家計簿を教えて下さい。

アドバイス

「家計簿が無くても良いケースもある!」 家計簿のやり方に入る前に・・・

「家計簿が続きません。家計管理のコツを教えてください。」の続きはこちら

40歳での高齢出産。今後、老後資金や教育費をどう貯めたら良いでしょうか?

質問 現在、40歳で第一子を妊娠しています。 仕事はフルタイムで、産休・育児休暇を取得予定です。主人は6歳上で自営業をしています。不妊治療をしても授からず子供は諦めていたのですが、不妊治療を諦めた時に自然に妊娠しました。 不妊治療でお金を掛け、やめた後も子供を考えていなかったのであまり貯蓄をせずにいて、老後資金と教育費が不安です。 私の定年が65歳、主人は自営業なので定年はあ・・・

「40歳での高齢出産。今後、老後資金や教育費をどう貯めたら良いでしょうか?」の続きはこちら

Page 3 of 11 «1 2 3 4 5 6 7 8 ... 11 »