このたびの熊本地震により被害を受けられた皆さまに心からお見舞い申し上げます。

このたび4月16日に発生しました熊本県を震源とする地震により被害を受けられた皆さまに心からお見舞い申し上げます。

「このたびの熊本地震により被害を受けられた皆さまに心からお見舞い申し上げます。」の続きはこちら

認知症に備える保険、続々と開発。

厚生労働省の試算によると、2025年の認知症患者数は700万人を超えると予想されています。65歳以上の5人に1人が認知症になる計算です。 このような事態に備え、保険会社各社では認知症に特化した保険の取り扱いを始めています。 認知症で特定の状態になった場合に、一時金または年金を貰える保険です。 認知症保険の需要は大きい。 3月に、他社に先駆けて太陽生命から、日本初の認知症に特化した保・・・

「認知症に備える保険、続々と開発。」の続きはこちら

日本初!駐輪場料金と自転車保険と点検料金がセットになった新サービス

株式会社アーキエムズは、定期駐輪場月額利用料金と損害賠償保険と自転車点検が一体となった新サービスを、同社が運営・管理する定期駐輪場にて開始しました。 たとえば毎日の通勤に自転車を使用していて駐輪場にも自転車を預けているのであれば、万一の自転車事故に対する補償もセットになっていてかなりリーズナブルなサービスだと思います。 サービスの発想が興味深いものであるのと同時に、自社が行っている事業・・・

「日本初!駐輪場料金と自転車保険と点検料金がセットになった新サービス」の続きはこちら

マイナス金利の影響による保険活用の変化予想

明治安田生命保険や日本生命保険などの大手生命保険会社が、貯蓄性の高い一時払い終身保険で一部商品の販売を平成28年4月から停止する方針を明らかにしました。いずれも平成28年2月から始まった日銀のマイナス金利政策の影響を理由としています。 生命保険の活用は、万が一の死亡リスクに備える方法だけでなく、一時払い終身保険や学資保険、個人年金保険のように満期返戻金を多く受け取る方法も大きな魅力の1つです・・・

「マイナス金利の影響による保険活用の変化予想」の続きはこちら

認知症対策、保険による予防策はどこまで出来る?

損害保険会社各社は、今後増加すると予測されている認知症患者に対する保険の品揃えを強化している模様です。 生命保険会社の太陽生命保険が業界初となる認知症に対して支払われる生命保険を販売していることや、認知症の男性が徘徊し死亡した最高裁の判決が世の中に対して認知症の新たな問題提起をさせた形だといえます。 最高裁の判決では、認知症患者が徘徊し鉄道会社に損害を与えたことについて家族への賠償責任がな・・・

「認知症対策、保険による予防策はどこまで出来る?」の続きはこちら
Page 12 of 14 «1 ... 7 8 9 10 11 12 13 14 »