プロから見た保険会社の分析・評価Professional Analysis

エクセルエイドの「妊娠中も入れる保険」の評価・口コミを保険プロが分析

保険会社出身で、妊婦さん向け医療保険や保険の開発業務を経験してきた保険プロが、気になる保険会社の評価や口コミを分析します。

今回は、妊娠中の方も加入できる医療保険・生命保険を販売しているエクセルエイド少額短期保険会社についてです。

知名度や実績も少しずつ上がっているエクセルエイド社のメリットデメリットも解説します。

エクセルエイドという保険会社について

エクセルエイドは、2006年に設立された新興の保険会社です。

「少額短期保険会社」という、金融庁が定めた新しいルールに基づいて作られた保険会社です。
少額短期保険会社といっても金融庁が求める経営基準は保険会社とほぼ同等で、金融機関が受ける定期的な金融庁監査も同様に受ける義務があります。

エクセルエイド社がメインとして開発・販売しているのが「糖尿病保険」ですが、サブ商品として妊婦さん向けの医療保険(商品名は「エクセルエイドの普通保険」)も販売しており、最近ではその保険での実績も伸ばしています。

「エクセルエイドの普通保険」の特長

他社に比べて特長がいくつかありますが、私が特に重要だと思うのは次の3点です。

① 今の妊娠の異常や出産異常も保障される
多くの医療保険では、たとえ妊娠中に保険加入できたとしても今の妊娠は保障対象外としています。
しかし「エクセルエイドの普通保険」では、今の妊娠の異常(緊急帝王切開や切迫早産など)も保障されます。

② 妊娠週数に関わらず加入できる
私が知る限り、妊婦さん向けの医療保険は現在数社が販売しておりますが、多くが加入時の妊娠週数に制限を設けています。
「19週まで」としているところが多いですね。
エクセルエイドでは妊娠週数の制限がないので、20週に入ってしまった妊婦さんでも加入できる点が加入者からの好評を得ています。

③ 入院保障が充実している
帝王切開や異常分娩など、妊婦さんには様々なリスクがありますが、実はもっとも家計に影響が出てくるのは切迫早産や妊娠異常による長期入院です。
弊社の女性スタッフも妊娠21週に切迫早産になり、出産まで3か月以上も長期入院をして100万円近い費用がかかりました(健康保険が効いてもそれだけの費用かかっています)。

その詳細な体験については以下のページに載せていますので、よろしければご覧ください。
■ 参考
妊娠22週で切迫早産の兆候が見つかり3ヶ月もの緊急入院&帝王切開出産をした弊社スタッフの壮絶体験記

一方で妊婦さん向け医療保険の中には、「帝王切開だけは保障するが入院は保障しない医療保険」を販売している保険会社が複数あります。
(本来備えるべき一番のリスクに備えていないのに、それで「妊婦さん向け保険」と言うのは辞めてほしいと私は思っているくらいです。)

現在保険を検討されている妊婦さんは、入院保障を第一に保険選びをしていただきたいと思います。
「エクセルエイドの普通保険」では入院保障は最大60日間まで保障されるので、その点は大きなメリットといえます。

エクセルエイドの公式HPはこちら

決算資料から見る契約者数の伸びと財務状況

エクセルエイド社が公表している決算資料を見ると、保険契約者数が着実に伸びていることが分かります。
保険金支払い余力を示すソルベンシーマージン比率は2021年時点で1,737%であり、金融庁が定めている200%を大きく超えていて、十分な財務状況となので急に倒産するという事態は今のところ心配なさそうです。

決算資料から見る契約者数の伸びと財務状況のグラフ

実際に加入された方の口コミ

「エクセルエイドの普通保険」に加入している方の声を聞くと、総じて評判は良いと感じています。

33歳 女性
現在、妊娠を希望しており、妊娠も保障できる保険を探していた。
だが、先天的な持病を持っていたため、保険に入ることが出来なかった。

妊娠保険専門のサイトを見ていたところ、エクセルエイドの保険を見つけ、ダメでもともとと申込みしたところ、加入することが出来た。

27歳 女性
現在の妊娠も対象で時期的にも加入可能だった為、加入しました。
保険料が安いです。
28歳 女性
妊娠後でも加入でき、今回の妊娠から保障される。保険料が安い。
33歳 女性
妊娠中でも加入可能だったから。過去に、妊娠糖尿病になったことからこの保険を選んだ。

* 過去の出産の際、妊娠糖尿病になられたとのことですが、ご出産後、1年経過時に検査し問題無し、完治したとのことです。 

29歳 女性
手頃な掛金で通院まで保障されるところ。
また、歯周病についても保障されるということで、将来を見据え、加入を決めました。

エクセルエイドの公式HPはこちら

「エクセルエイドの普通保険」のメリットとデメリット

加入者にとってのメリットとデメリットをまとめました。

メリット一覧

  • 他社のほとんどが妊娠19週までとしている中、妊娠20週目以上でも加入できる。
  • 入院保障が充実している
  • 保険料が安く、若い方は特に安い。
  • 医療保険だけでなく、一緒に死亡保険もセットで加入することが出来る。

デメリット一覧

  • 少額短期保険なので、高額な保障がありません。
  • 加入して60日間の免責期間(待機期間)がある
  • 少額短期保険なので、生命保険料控除がない。
  • 毎年更新制なので、高齢の方だと保険料が高くなります。

「エクセルエイドの普通保険」の保険料例

■ 「エクセルエイドの普通保険」(医療保険 最大80万円まで)
20歳女性 毎月1,044円
25歳女性 毎月1,103円
30歳女性 毎月1,175円
35歳女性 毎月1,344円
40歳女性 毎月1,504円
45歳女性 毎月1,798円

上記の保険料や公式HPからの抜粋です。
詳しくはエクセルエイド社の公式HPにてご確認ください。

エクセルエイドの公式HPはこちら

木代 晃輔

この記事の執筆者:木代 晃輔

神奈川県出身。大学卒業後に損害保険会社で勤務。
独立後は株式会社ウィズハートの代表として、保険相談サイト「保険ウィズ」や、FP相談サイトを開設。

2013年より妊婦さん向け医療保険の仕事に従事。北は北海道、南は沖縄までと、日本全国から年間100件以上の妊婦さん家庭の保険相談にお応えしています。