海外留学・渡航の夢を保険で支えたい

海外留学・渡航の夢を保険で支えたい

【お客様インタビュー】オーストラリアにワーホリで行かれたF様の海外旅行保険のご利用事例

F様からの写真:エアーズロックを後ろに写真撮影 エアーズロックを背景に写真撮影
渡航された国
オーストラリア
渡航時期
2023年3月からワーキングホリデー(1年間)

【ご加入のきっかけ】
HPから保険ウィズにご相談いただいて、ご案内した大手保険会社の海外旅行保険にご加入されました。

指定難病の持病をお持ちで、加入できる海外旅行保険を探されていたF様。
ご案内した海外旅行保険にご加入いただき、ワーキングホリデーに出発されました。

8月頃に体調を崩されて、オーストラリア現地の病院を受診。
その後に保険金をご請求され、合計で25万円ほどの保険金が支払われました

F様にオーストラリアでの生活のこと、病院受診や保険会社とやりとりされた当時についてインタビューさせていただきました。

F様がワーキングホリデーに行かれた理由や、現地での生活のことを教えてください。

私は以前から海外に長期で生活してみたいという思いがありました。

これまで日本では病院での仕事を続けていましたが、29歳のときにその仕事がいったん落ち着きまして、この機をいかして海外に行ってみることを考えるようになりました。
ワーホリの年齢制限は30歳ですから、ラストチャンスだという気持ちでしたね。

オーストラリア現地の生活はもう慣れましたか?

ワーホリも10か月が過ぎて、だいぶ慣れました。

日本との違いにもたくさん気付きます。
日本人は時間や規則にまじめですが、こちらの人たちは良くも悪くもマイペースなところがあります。

例えば病院から薬入荷の連絡を待っていたのにいつまでたっても連絡がなく、聞いてみたら担当者が悪気なく忘れてしまっていたり(笑)。
様々な場面で似たようなことがあるので、そういう状況を許容できる「なぁなぁな精神」がないとストレスに感じてしまう人もいると思います。

F様からの写真:シドニーでオペラハウス シドニーで訪れたオペラハウス

8月には病院にかかられましたが、どのようなご状況だったのでしょうか。

当時はマッサージの仕事をしつつ、語学学校にも通っていました。
学校に行ったら急に気分が悪くなりまして、「あ、これは明らかに普段とは違うな」と自分自身でも分かりました。

加入した海外旅行保険が提携している病院一覧に、日本語が通じる病院がありました。
そこに電話して症状を伝えたところ、「緊急で診察したほうが良い」とのことで、すぐに病院に向かいました。

病院では救急外来(ER)で受診させてもらい、血液検査を受けて、後日には脳のMRI検査も受けました。

幸いなことに、検査結果からは特に大きな病気は見つかりませんでした。
今思えばこの時期はかなり高い頻度でマッサージの仕事をしたり勉強もしていましたので、体に無理がきてしまっていたのだと思います。

F様からの写真:病院から受け取ったMRIの診断書 病院から受け取ったMRIの診断書

オーストラリアの病院を受診されて、日本の病院との違いは何か感じられましたか?

日本では診察を受ける際に自分で病院・クリニックを探して行けますが、オーストラリアでは基本的にはまずGP(総合診療医)で診察を受けてから、専門の病院を紹介される・・という形になります。
そこは日本の医療との大きな違いですね。

それと私が受診した救急外来(ER)では、救急といえど診察してもらうまでかなり時間がかかりました。
全て終わるまで半日はかかっていたと思います。

保険会社へのご連絡や保険金請求についても教えていただけますか?

このときはキャッシュレス治療ではなく、5万円を超える治療費を自費で立て替えてから後日に保険会社に治療費請求しました。

オーストラリアからコールセンターに電話しまして、日本人の方が出られて日本語で話すことが出来ました。
安心して話をすることができて、満足度もとても高かったです。

その後のやりとりもとてもスムーズに行われて、保険金もすぐに支払われましたので不満な点は何もありませんでした

実はこのあとも他の病気や歯の治療で病院受診をして保険金請求をしました。
慣れない生活のストレスからか虫歯にもなり、歯医者での治療を2回受け、保険金請求しました。

どのときも満足いく対応をしてもらえました。

F様からの写真:虫歯の治療費は10万円 虫歯の治療費は合計10万円

改善点については強いてあげればですが、コールセンターから教えてもらえる現地の病院情報は概要ベースでしたので、現地の病院や医療事情についてより詳しい情報が提供されると良いなと思いました。
(概要ベースの情報であれば、自分自身でもネットで調べて見つけることも可能ですので)

難しい要求だと思いますが、保険利用者としてはそこまでの情報をいただけたらすごくありがたいなと思います。

これから海外に行かれる方へのアドバイス・メッセージがあれば教えていただけますか?

私は今回のワーホリで海外旅行保険を複数回使用していて、保険に入っていてほんとに良かったと実感しています。

保険があるからこそ健康で過ごせているし、安心して生活していくことが出来ます。
私はもともと難病の持病を持っていますから余計にそう思います。

オーストラリアに来ている他の日本人と話をすることもありまして、まれに「保険には入っていない」と言っている人もいます。
私からしたら、「ものすごくリスキーな賭けをしているな」と感じます。

私は渡航する前に「持病があっても入れる海外旅行保険はないか」とネットで探して、保険ウィズのHPを見つけ、木代さんに相談して保険に入ることが出来ました。
すごく助かりました。

慣れていない生活環境だからこそ、保険があることの安心は大きいです
これから海外に行く人には、海外旅行保険は絶対に必要なんだと伝えたいです。

インタビューを終えて
  • オーストラリアでの生活を通して多くの経験を積まれているF様。
    海外へのチャレンジを保険を通じてサポートすることが出来て、私も光栄に思いました。

    「保険に入って良かった」と言っていただけるのはこの仕事をしていて一番うれしい瞬間です。
    ワーホリVISAを延長されて、もう1年オーストラリアに滞在されることになり、その保険もサポートさせて頂くことになりました。

    インタビューにも応じてくださったF様に心から感謝申し上げます。

    (インタビュアー:木代)

ページの先頭へ戻る